KSCの公式ブログ

番組名「KSCのお時間ですよ~!」 鹿角きりたんぽFMサポータークラブが企画・制作する番組のブログです。

◇鹿角きりたんぽFM 周波数79.1MHz
番組名「KSCのお時間ですよ~!」
毎週水曜日 午後2時30分より放送中
<サイマル放送> http://www.simulradio.jp/

※定番番組の放送予定
第1週放送「まさかに嫁いで」、又は「うだっこのお時間ですよぉ(民謡)」(隔月予定)
第2週放送「突撃! K・S・C!!」(鹿角市民を巻き込んだインタビュー番組)
第3週放送「鹿角いいとこ再発見」人、物、場所など紹介、又は「KSCラジオ同窓会」
第4週放送「鹿角の昔っこ」鹿角の民話をご紹介します。
※第5週放送は「KSC寮」ほか、不定期企画番組


◎これからの放送予定
都合により急遽変更の場合もあります。

174回 2月1日(水)午後2時30分 
まさかに嫁いで」

第175回 2月8日(水)午後2時30分 
 突撃!K・S・C!!」
  ※保育園で突撃してみた♫
 
第176回 2月15日(水)午後2時30分 
 鹿角いいとこ再発見!!」
 ※私が感じる鹿角のいいとこ♫

第177回 2月22日(水)午後2時30分
 
 「鹿角の昔っこ」鹿角の民話

<リピート放送>
・木曜日 午後1時30分~
・日曜日 午後6時30分~
・月曜日 午前10時~ 前週の再放送
※再放送は、通常番組とは別な番組の放送を行う場合があります。
番組案内は、都合により直前告知となりますので、ご了承ください。

◆KSCのFacebookでも直前にご案内しています。
「鹿角きりたんぽFM・サポータークラブ・KSC」
https://www.facebook.com/pages/KSC/713347245410655

メールの宛て先 radio@fm791.net  または radioksc@gmail.com

今回は、次回に引き続き『鹿角民話の会 どっとはらえ』の北村会長から
三湖物語」の後半を語っていただきました。


南祖坊との戦いに敗れた八郎太郎は、鹿角盆地を湖にしてしまおうと企てます。

何処をどのようにして湖にしてしまうつもりだったのでしょう?


そして、巡りめぐって、今は田沢湖で竜子姫とアツアツで暮らしているみたいです。

「えっ、どうしてそうなるの?」と疑問に思われる方、是非、再放送をお聴き下さい。


今回は、物語にちなんだ地名になども 、お話とお話の間で 紹介しています。

「えっ、そうなんだ!」と新しい発見があるかもしれませんよ。


2回にわたったお話を語り終えた北村会長は
「やっと終わってホッとした」と安堵のため息をついていました。
一ヶ月余り頭の中から離れなかったみたいです。


北村会長、ありがとうございました。



鹿角のむがしっこ 定期公演のお知らせ


第18回 花輪地区会場

日時 3月4日(土) 13:00開場 13:30開演

場所 ミット・プラザ

8つの昔っこが語られます。

うち2つは、小坂中1年生八幡平小5年生の子どもが語ります。


入場は無料ですので、是非お越し下さい。


DSC_0107


担当は、メグミとミッチーでした。 


みなさんご機嫌いかがですか?
KSCのお時間ですよ~の鹿角いいとこ再発見は 
毎月第3週目に放送しています
「それぞれが思う 鹿角のいいところ 楽しんでること」を紹介して
自分の住んでいる街を ますます好きになろう~
田舎は何もない という口癖を なくして  
鹿角には 何があるのか自分たちで見つけよう~
ということで 毎回 いろんな年代や グループの方々にお話をきいて 
番組を制作しています。
・・・・・が、
今回は、秋田市出身 鹿角歴4年のマキと
鹿児島出身 鹿角歴29年のnarumiが思う。。。
鹿角のいいとこ ベスト10」です。
※小坂町を含む鹿角地区


マキとnarumiが「鹿角いいとこ」あれこれ探してみました。
い~~っぱいありました♫

①永続地帯⇒自給率236% 秋田県で唯一の市町村
※ 住み続けるために必要なエネルギーと食糧を地域で生み出すことができる市町村

②お祭り・神事⇒花輪ばやし・花輪ねぷた・大湯大太鼓・毛馬内盆踊り・大日堂舞楽
        (世界遺産)

③史跡・遺産⇒ストーンサークルや尾去沢鉱山・小坂鉱山事務所・康楽館など

④自然⇒十和田と八幡平の国立公園・四季折々の景色

⑤子育ての環境⇒秋田県内トップレベルの出生率・子育て支援 

⑥食べ物⇒水・お米・くだもの・野菜・牛・豚・鶏・山菜

⑦温泉と旅館⇒八幡平・湯瀬・大湯・毛馬内七滝・各温泉地に個性的な旅館

⑧スポーツ⇒全国大会規模・スキー・駅伝・キャプテン翼杯サッカー

⑨文化 ⇒全国大会規模・かるた(百人一首)・吹奏楽・民謡・民話や伝説

⑩立地⇒北東北3県の中心地 (秋田・青森・岩手)・異文化
 交通の便利の良さ バスで盛岡・仙台・東京に乗り換えなしで行ける

まだまだ私たちの知らない 「鹿角のいいとこ」たくさんあると思います。
みなさんの思ういいとこも教えてください。
お待ちしています~~

話題の十和田湖冬物語に行ってきました♫
IMG_5156
















【関連サイト】
「鹿角のいいね」を探そう~♫

宿泊・観光・物産のお問い合わせ
十和田八幡平観光物産協会




来月(後半)は マキとnarumiが個人的な感情の入った(笑)
「私が思うベスト10」を発表します。
お楽しみに~~~(⊹^◡^)ノo゚。**。♡

音楽:ナオト・インティライミ「LIFE」


<リピート放送>
・2/16 木曜日 午後1時30分~
・2/19 日曜日 午後6時30分~
・2/20 月曜日 午前10時~ 前週の再放送
※再放送は、通常番組とは別な番組の放送を行う場合があります。
番組案内は、都合により直前告知となりますので、ご了承ください。




***** 付 録 *****

収録の前日、鹿角市産業活力課主催の 
藻谷浩介さんの市民公開講座。。。。
「鹿角市の国富論~豊かに住める鹿角に向けて
どうしてもやらねばならないこと」をコモッセで聞いてきました。 

「地域活性化は人口が減らなくなること。」と言い
秋田県は人口流出・人口減少が激しく このままだと 
全国で「一番最初に消滅するかもしれない県」 と言われていますが 
その中で 鹿角もこのままだと 消滅するかもしれない。 
そうならないためにはどうするか 何をしなければならないか・・・
というお話でした。

「ここにはなにも無い」 「そんなのは当たり前」 という人が多い町ほど 
消滅していく。
逆に 私の町にはこれがある こんなものもあるよ 
こんなにすばらしいものがたくさんある。
そして こんなにすばらしいものがあるのは 当たり前ではなく 
とても有難い(有ることが難しい)ことなのだ。
これまで携わっていた方々が守ってくれたから 今あるのだ 
ということを市民一人一人が感じること。 
それを次世代の子供たちに伝えていくこと。 
これが大切だとおっしゃっていました。 

そして この土地 鹿角で取れたもの 作られたものを 
地元のみんなが消費していくこと。
地産地消をすることで 鹿角のものを買うこと で  鹿角がいい町として 
ずっ~~と残っていく。というお話でした。 

全国各地をまわっていらっしゃる藻谷さんがおっしゃるには 
他の地域から比べると 鹿角はホントに豊かな土地であると。
それを私たちが自覚することで 鹿角はますます元気になるのでは
ないかと 講演をきいて感じました。  

また、鹿角に住む理由 なぜここに住んでいるのか 
たとえば・・・ 
※八幡平の四季折々の景色が好きだから 
※ストーンサークルから見る夕日が大好き 
※お祭り・花輪ばやしに携わりたい 
※先祖から受け継いだ仕事 家 土地がある 
なんでもいいそうです。

住む人が堂々と住む理由を説明できる町だけが残る。 
「仕方なく住む町に未来は無い」と 言い切りました。 

私たちも この鹿角いいとこ再発見という番組を通して 
「鹿角のいいとこ探し」をして 市民のみなさんに これは当たり前にあるけど 
有難いことで 自慢していいことなんだ 鹿角の魅力の一つなんだ
ってことを お伝えしていけたら いいな と思いました。

突撃!K・S・C!! 6回目

この番組はKSCメンバーがいたるところに現れて、鹿角に住む人から通りがかりの人まで、様々な人へのインタビューを行う番組です。

 鹿角きりたんぽFMでは
「鹿角市民全員の声をラジオにのせる」
を目標にしています。
KSCメンバーが取材活動をしているところに出くわしたら、是非あなたの一声をお聞かせ下さい。

2月のテーマは保育園児のお年玉事情です。
不況を叫ばれて久しい2017年、お正月気分のかけらも残っていない1月も終わりのころ、
『近ごろの保育園児は、いったいどのくらいのお年玉をもらって、そんでもって何につかっているのだろうか?』
と突然思い、 アポもそこそこに、毛馬内保育園へと馳せ参じてまいりました。
インタビューに応じてくれたのは、保育園の年長組のお友達です。
14858227582340
今回までで、鹿角市民32,199人(12月末現在)のうち
先月までの35人と今月の16人を足して、のべ60人の声をお届けしました。
神出鬼没のKSCメンバーがあなたの一言を集めに行きます!


紹介曲 星野源 「恋」  
担当 ナルミ オオサト 

 『KSCのお時間ですよ~』 第174回は、「『まさか』に嫁いで」をお届け致しま~す(^-^)/。 
まさか鹿角に嫁ぐなんて!まさかこういう家(仕事など)に嫁ぐことになるなんて!というお嫁さん、時にはお婿さんをお迎えして、お話を伺いたいという企画です♪

16442979_1194180694033960_1953557223_oc

隔月でお送りしているこの企画、今回のゲストは、花輪旭町の『お菓子のさこう』ご主人、佐藤茂幸さんです♪
岩泉町出身でホテル関係にお勤めだった茂幸さんと奥様との馴れ初め、鹿角歴二十数年になっての思いなど、お話を伺いました(^-^)。


16426547_1194182427367120_1659605914_nc

16425554_1194861270632569_32289245_n



紹介曲:オリジナル・ラブ『春のラブバラッド』

ゲスト:『お菓子のさこう』ご主人 佐藤茂幸さん
担当…カオリ・ユウショウ

〈放送日〉2月1日(水)14:30~15:00
〈再放送〉2月2日(木)13:30~14:00
                           5日(日)18:30~19:00
                           6日(月)10:00~10:30
 
 ※再放送は、通常番組とは別な番組の放送を行う場合があります。
番組案内は、都合により直前告知となりますので、ご了承ください。

◆KSCのFacebookでも直前にご案内しています。
「鹿角きりたんぽFM・サポータークラブ・KSC」
https://www.facebook.com/pages/KSC/713347245410655

メールの宛て先 radio@fm791.net  または radioksc@gmail.com 

今回の演題 三湖物語 前編    語り部 北村正人


今回は、鹿角民話の会の会長、北村正人さんに「 三湖伝説」を語っていただきました。

三湖伝説とは、竜になった八郎太郎が十和田湖を追われ、
八郎潟を経て、辰子姫の住む田沢湖に辿り着くまでのスケールの大きな伝説です。
十和田湖、八郎潟、田沢湖と三つの湖にまたがったお話しなので
「三湖伝説」と呼ばれています。

前回、草木小学校の子ども達がお話ししてくれた「八郎太郎物語」を
もっと詳しくもっと壮大にとお伝えしたいと思います。


全部を語ると短くても40分はかかるお話しなので
今回と次回の二回に分けてお送りします。

前半の今回は八郎太郎が竜となり、
南僧坊や鹿角の神々ととの戦いに破れて鹿角を去るまでの予定でしたが
北村さんが語りの世界に入り、表現力たっぷりに語って下さり
十和田湖を追われるところまでしか収録できませんでした。


話の中に出てくる難解な単語なども番組の中で詳しく解説しています。

次回、2/22放送の第177回では、
八郎太郎が鹿角を湖にしてしまおうとするお話しから始まり、
田沢湖が厳冬でも何故凍らないかまでお話ししていただく予定です。
お楽しみにして下さい。

DSC_0033
 

担当は、メグミとミッチーでした。


みなさん、ごきげんいかがですか?

今回の鹿角いいとこ再発見は、「鹿角ジャンプスポーツ少年団」を紹介します。
1月3日の練習初めにお邪魔して、インタビューをしてきました。

ジャンプ大好きな子供たちの可愛い声をお聞きください。
                                                               
正式名称  鹿角ジャンプスポーツ少年団
団長    佐藤 享 さん
事務局   海沼さん 
冬の間 多忙でなかなか連絡がつかないため
問い合わせは
事務局代理 花輪 渋谷 久夫さん 0186-23-2144 へ


※みんなで安全祈願
鹿角ジャンプスポーツ少年団




入団資格⇒⇒ 小学生以上 男女問わず やる気と元気のある子供
秋田県唯一のジャンプのスポーツ少年団のため 市外・県外からも受け入れ可能で
現在も 市外・県外の団員がいます

会費⇒⇒  月に1000円 年間12000円です
 ほぼ保険や入団式など子供のために使っています
その他 道具など 最初から一式揃える必要もなく 
 団にも寄付や団員のお下がりなどあるようです
そういう 細かいことも含めて お気軽にご相談してください
夏も サマージャンプできます 

一年間飛べる このような環境は 全国でも なかなか
ありませんね。
男子からは全日本強化選手が出ました。


次は 世界で大活躍している 高梨沙羅選手のような 
第二のさらちゃんが鹿角からでるといいですね。

みんな~ケガしないように ガンバレ\(*⌒0⌒)♪
IMG_5127






















担当 KSC まき narumi 

********************************

<リピート放送>
・木曜日 午後1時30分~
・日曜日 午後6時30分~
・月曜日 午前10時~ 前週の再放送
※再放送は、通常番組とは別な番組の放送を行う場合があります。
番組案内は、都合により直前告知となりますので、ご了承ください。

◆KSCのFacebookでも直前にご案内しています。
「鹿角きりたんぽFM・サポータークラブ・KSC」
https://www.facebook.com/pages/KSC/713347245410655

メールの宛て先 radio@fm791.net  または radioksc@gmail.com







突撃!K・S・C!! 5回目

この番組はKSCメンバーがいたるところに現れて
鹿角に住む人から 通りがかりの人まで
様々なインタビューを行う番組です。

鹿角きりたんぽFMでは
「鹿角市民全員の声をラジオにのせる」ことを目標にしています。
KSCメンバーが取材活動をしているところに出くわしたら
是非あなたの一声をお聞かせ下さい。
image1

1月のテーマは「新成人に応援の一言」でした!
1月9日は成人の日でした。
鹿角は夏に成人式を行う地域なので、少々答えにくい質問でしたが
今回は30代以上の皆さんに取材してきましたよ。
image2

今回までで鹿角市民12月末現在32199人のうち
先月までの35人と今月の9人を足して合計44人の声をお届けしました。
神出鬼没のKSCメンバーがあなたの一言を集めに行きます!


紹介曲 岡村孝子 「夢をあきらめないで」  
担当 ナルミ チナツ 

「KSCのお時間ですよ~」の民謡番組
うだっこのお時間ですよ~ 3回目
尺八奏者の黒澤文男アさんとチナツでお送りします。 

2ヶ月に1回「まさかに嫁いで」と交代です。
次回の放送は2017年3月。

今回は正月ということで縁起物いっぱいのおめでたい歌を紹介しました。

1曲目 喜代節
   歌詞に七福神、松竹、鶴亀、縁起物が勢揃いの唄。
   ゆっくりした曲なので優雅な雰囲気がします。

2曲目  謙良節
   大きな座敷があるお屋敷の唄。
   屏風に書かれた鷹が福と鳴き
   初夢でおなじみの「一富士、二鷹、三なすび」も登場します。

3曲目  おこさ節
   連れ合いを待つうちにお酒を飲んで待っていたという歌です。
   秋田県内のいわゆる「練習」ってやつですね。
   「おこさで、おこさで、ほんとだね~」という掛け声が心地いいです。

4曲目 南部俵積唄 
    沢山の倉を持つお金持ちの旦那様の家に俵を積みに来た唄。
   倉に米俵が全部入ると、「めでたいなぁ。めでたいなぁ。」と旦那様を讃えます。 

以上、4曲をお届けしました。

image1

今回の演目 佐多六とシロ   草木小学校 1年生 & 2年生
                  八郎太郎伝説     〃   3年生
 & 4年生

鹿角の民話、今回は草木小学校の1年から4年までの子ども達が

「昔語り」に挑戦した様子を録音でお送りします。


草木と言えば「八郎太郎伝説」「佐多六とシロ」の地元

そして、錦木塚物語の若者も草木から通い続けたという

鹿角の数ある伝説の中でも三大伝説が残るいわば「鹿角の伝説のメッカ」 

この地元の子ども達が「ふるさと教育」の一環として

1.2年生と3.4年生が一人一人が数小節ずつ

草木の伝説をみんなで語りました。


まずは1、2年生の「佐多六とシロ」

本当は、12月8日の授業参観での語りを収録する予定でしたが

ミッチーが前日収録のテストに行った際に

「お家の人達の前だと緊張するかも…」という教頭先生の配慮で

急遽前日に収録する事になりました。

誰も聴いていないとはいえ、マイクを持っての語り

1、2年生はやはり緊張します。

緊張感ありありでも元気いっぱいに語ってくれました


3、4年生は「八郎太郎伝説」

この伝説は田沢湖へ辿り着くまでを語ると30分はかかる長~いお話。

今回は、十和田湖を追われた太郎が八郎潟へ辿り着くまでです。

3、4年生は8日、大勢のお家の人達の前で

独り一人がマイクに向かってしっかりと語りました。

中村教頭先生曰く

「少人数の学校だから、ちゃんと表現しなくても

 なあなあで伝わるところがある。

 だから、語りを通してちゃんとした表現力を養いたい」

という思い、子ども達はしっかりと受け止めて成長したように思いました


聴き終わったお家の人達の感想、一つ一つ頷ける感想でしたが

中でも「地元に住んでいるのに、きちんと内容を知らなかった。

子ども達の話を聴いてちゃんとわかった」というお話は

日頃「鹿角に伝わる素晴らしい民話をもっとみんなが知って欲しい」と

考えているミッチーには、とても素晴らしい感想

そして子ども達の語りの成果の大きさを実感しました。


鹿角の民話、広まって欲しいで〜す!!

今回の担当は 
DSC_0165
     メグミ と ミッチー 
でした。



 

このページのトップヘ