KSCの公式ブログ

番組名「KSCのお時間ですよ~!」 鹿角きりたんぽFMサポータークラブが企画・制作する番組のブログです。

◇鹿角きりたんぽFM 周波数79.1MHz
番組名「KSCのお時間ですよ~!」
毎週水曜日 午後2時30分より放送中
<サイマル放送> http://www.simulradio.jp/

※定番番組の放送予定
第1週放送「まさかに嫁いで」、又は「うだっこのお時間ですよぉ(民謡)」(隔月予定)
第2週放送「突撃! K・S・C!!」(鹿角市民を巻き込んだインタビュー番組)
第3週放送「鹿角いいとこ再発見」人、物、場所など紹介、又は「KSCラジオ同窓会」
第4週放送「鹿角の昔っこ」鹿角の民話をご紹介します。
※第5週放送は「KSC寮」ほか、不定期企画番組


◎これからの放送予定
都合により急遽変更の場合もあります。

第180回 3月15日(水)午後2時30分 
 鹿角いいとこ再発見!!」
 ※私が選ぶ鹿角のいいとこ♫(後半)

第181回 3月22日(水)午後2時30分 
 「鹿角の昔っこ」鹿角の民話


第182回 3月29日(水)午後2時30分 
 第5週 特別企画・・・お楽しみに~~♬

第183回 4月5日(水)午後2時30分 
(ゲスト番組)」

第184回 4月12日(水)午後2時30分 
 突撃!K・S・C!!(インタビュー番組)」

第185回 4月19日(水)午後2時30分 
 鹿角いいとこ再発見!!」
 



<リピート放送>
・木曜日 午後1時30分~
・日曜日 午後6時30分~
・月曜日 午前10時~ 前週の再放送
※再放送は、通常番組とは別な番組の放送を行う場合があります。
番組案内は、都合により直前告知となりますので、ご了承ください。

◆KSCのFacebookでも直前にご案内しています。
「鹿角きりたんぽFM・サポータークラブ・KSC」
https://www.facebook.com/pages/KSC/713347245410655

メールの宛て先 radio@fm791.net  または radioksc@gmail.com

今回は「鹿角三姫」にスポットを当ててみました。

ダンブリ長者伝説の吉祥姫、錦木塚物語の政子姫、芦名沢の観音様の芦名

この三人を鹿角昔っこの世界では「鹿角三姫」と呼んでいます。

どのお話も結構長いお話なので、今回は吉祥姫と芦名姫のお話をお送りします。


吉祥姫は、鹿角にいる時は桂子(かつらこ)と呼ばれていましたが

ある縁で天使様(今で言う天皇)のお后となり

吉祥姫と呼ばれるようになりました。


ユネスコ無形文化財に指定された「大日堂舞楽」の行われる大日堂は

鹿角でなくなった両親のために、吉祥姫が天使様にお願いして

建立されたと言われています。


また、大日堂舞楽は両親が長者になるまで物語を再現している

…とも言われています。

なぜ、大日堂舞楽が二日に行われるのか…

どのようにして桂子は皇后になったのか…

また、米代川はなぜ「よねしろがわ」と呼ばれるようになったのか…

いろいろな「ほうっ!!」満載の「ダンブリ長者」です。
 090930150316_3
吉祥姫が、亡き父母の為に建立したと言われる大日堂
昔は大銀杏がありました。吉祥姫のお墓から生えてきたみたい… 



芦名姫は
、芦名沢の観音様に出てくる豪族の娘です。

芦名姫は、豪族と敵対する地主の息子と恋に落ちてしまいました。

鹿角版ロミオとジュリエットです。

さて、二人はどうなるんでしょうね?


ジュリエットが、なぜ観音様と関係してくるのかも「?」でしょう?

お話を聴けばわかりますよ。

asina
芦名沢の観音様です。沢山の絵馬が奉納されています。
近くには伝説にちなんだ岩穴や岩もありますよ。
 


今回紹介できなかった「政子姫」の錦木塚悲恋は、次回お送りします。

お楽しみに!


担当は、メグミとミッチーでした。
DSC_0207
 


  みなさんご機嫌いかがですか?
KSCのお時間ですよ~の鹿角いいとこ再発見は 
毎月第3週目に放送しています
「それぞれが思う 鹿角のいいところ 楽しんでること」を紹介して
自分の住んでいる街を ますます好きになろう~
田舎は何もない という口癖を なくして  
鹿角には 何があるのか自分たちで見つけよう~
ということで 毎回 いろんな年代や グループの方々にお話をきいて 
番組を制作しています。
・・・・・が、
今回は、秋田市出身 鹿角歴4年のマキと
鹿児島出身 鹿角歴29年のnarumiが思う。。。
鹿角のいいとこ ベスト10」です。
※小坂町を含む鹿角地区

鹿角いいとこベスト10(前半)は   こちらから
                  

まきの「いいとこベスト10」
①Uターン・移住の若者たち
「かづの若者会議」の方々が若者の交流イベントを開催したり、
移住してきて飲食店を経営したり、
鹿角の若者、がんばってます!

②広大な土地
これから農業を始めたいと思っている市外の方々から注目されています。

③まつり
まずは「花輪ばやし」。
参加してみて、楽しさや地域の人たちの祭にかける情熱を知りました。
そして「小坂の七夕」。
この日のために遠方から帰省してくる人も多いのだそう。
駐車場の整備など、町全体で協力して作り上げている祭です。

④温泉、選び放題!
「肌に優しい泉質」という話を聞き、湯瀬温泉に入ってみました。
ゆっくり浸かるのにちょうどいい温度で、湯治に通う人が多いのにも納得。
他にも各地に温泉があるので、自分に合った泉質を探してみましょう。

⑤隣県の文化も豊富
元々は南部藩ということもあり、秋田市中心部より
青森・岩手に近い言葉遣いが多いように思います。
それを誇りに思っている人もまた多いように思いました。

⑥コモッセ
図書館と文化ホールが一体となっている文化施設、私は他に知りません・・・
(どこかにあるとは思いますが)
夏は涼しく冬は暖かいので、気軽に立ち寄れるおすすめスポットです。

⑦明治百年通り
小坂町の康楽館~旧鉱山事務所の通り。
草花の彩で四季を感じられます。

⑧地域に密着した飲食店
チェーン店ばかりの地域に育ったマキにとって、地元の人たちが経営する
アットホームな飲食店はとても魅力的です。
中華ならここ!とか、今日はこのルートで飲み歩こうかな、など・・・

⑨きりたんぽにかける情熱
言わずと知れた「きりたんぽ発祥の地」。
きりたんぽ鍋の家庭の味、お店の味、または味噌つけたんぽなど
とにかくきりたんぽを愛し推しているここ鹿角。素晴らしいですね。

⑩十和田湖冬物語
毎年2月に開催されるこの催しは、なんと会期中毎日、花火が打ち上げられます!
会場は青森県十和田市になりますが、鹿角方面からのアクセスも良いので、
「鹿角のいいとこ」として紹介します。
雪に囲まれた会場に、色とりどりのライトアップがとても綺麗です。


IMG_5179


narumiの「いいとこベスト10」

①永続地帯・・・生きていくための食べ物・エネルギーがあるってこと。
 秋田県では 唯一 鹿角市だけです♫
 これって マジで すごくないですか???

②花輪ねぷた
・・・花輪ばやしに隠れて地味だけど王将絵【武者絵】が
 すばらしい。その年に燃やしてしまうのも魅力。
 参加町内が大太鼓子供コンクールで金賞をとったから。

花輪ねぷた



③駅伝
・・・我が家の駅伝のルーツは花輪町廻り駅伝。
 昨年第70回大会。じいちゃんも旦那も子供たちも走った♫

世界マラソン女王の「浅利純子さん」の走りのルーツとも。
(以下 ウィキペディアより抜粋)
1993年8月15日 - 世界陸上シュトゥットガルト大会女子マラソン優勝。2時間30分03秒
当時日本女子陸上選手としての金メダル獲得は、オリンピックも含めて初の快挙である。
花輪町廻り駅伝
 


④かづのりんご
・・・・シャキシャキと甘酸っぱい「蜜入りりんご」
 知らない人は「腐っている」と思うらしい。
 それほど珍しい「蜜入りりんご」 
 「蜜入りだよ~」って、もっと自慢して~
鹿角りんご


⑤温泉 オンドル
・・・・八幡平・湯瀬・大湯など数多くの温泉。
  寝ているだけで 身体がじんわりと温まるオンドルは
  私との相性バッチリ♫

⑥コモッセ・・・自慢の複合施設 老若男女が集える場
  運営を支える市民のボランティアもまた素晴らしい♫


⑦10分で行けるスキー場・・・花輪スキー場・水晶山スキー場(尾去沢)
  思いつきでスキーに行ける立地の良さとジャンプ台もある施設

⑧史跡 尾去沢鉱山・・・・鹿角の歴史的な宝物。
  観光もできる坑道は感動もの♫
  真夏でも長袖必須の天然冷蔵庫~~
史跡 尾去沢鉱山 坑道内部


⑨ホルモン
・・・・ちょ~有名な「鹿角ホルモン」
  夕食のおかずに悩んだら 老舗のホルモン店に
  ダッシュで買いに行きます。1000円を2袋♫

⑩八幡平雪の壁・・・・春GWまで見れる雪の壁。。。
 これ見て「感動しない人」いるの????ヾ(*´∀`*)ノ


番外 きりたんぽFM KSCの活動・・・・とにかく楽しんでます。(笑)


今回の担当:まき narumi でした

*********************
<リピート放送>
・木曜日 午後1時30分~
・日曜日 午後6時30分~
・月曜日 午前10時~ 前週の再放送
※再放送は、通常番組とは別な番組の放送を行う場合があります。
番組案内は、都合により直前告知となりますので、ご了承ください。

◆KSCのFacebookでも直前にご案内しています。
「鹿角きりたんぽFM・サポータークラブ・KSC」
https://www.facebook.com/pages/KSC/713347245410655

メールの宛て先 radio@fm791.net  または radioksc@gmail.com



今週の「KSCのお時間ですよ~!」は、鹿角市民へインタビューする番組「突撃・KSC!!」です。

今回は、鹿角市内の第二北部自動車学校へ行ってきました。
ここでは、自動車の運転免許を取得するために通う今月高校を卒業の男女8名の方にインタビューをしてきましたのでご紹介します。
自動車学校
・第二北部自動車学校の待合室

最初に声を掛けたのは、待合室にいた今月小坂高校を卒業の男子3人です。高校での部活や将来についてなど、小坂町の柴田さん、尾去沢の菊池さん、小坂町の成田さんにお聞きしました。
続いて、十和田高校卒業の毛馬内の芹奈さん、毛馬内の春菜さん、十和田高校卒業の環奈さん、花輪高校卒業の小坂町のみおさん、八幡平の笑結さんの女子5人です。
※自己紹介のお名前は、苗字か下のお名前のみにさせていただきました。


3972dbb3-s
男子高生3名にインタビュー

b22caa05-s
女子高生5名にインタビュー

インタビューにご協力いただいた皆さん、ありがとうございました。
進学、就職されて、これから社会人としての活躍を期待しています。
是非、鹿角きりたんぽFMに遊びに来て下さいね。 


今回は、高校生が自動車学校に沢山いるとの情報を耳にして、鹿角市内にある自動車学校へ行くことにしましたが、取材に際して、快くご協力頂きました第二北部自動車学校の校長福島様、事務員松山様、皆様ありがとうございました。

・第二北部自動車学校 
秋田県鹿角市十和田末広紀の国平33-17
TEL.0186-35-2330


**********************
今回までで、鹿角市民32,129人(H29年2月末現在)のうち
先月までの 60人と今月の 10人を足して、
のべ 70人の声をお届けしました。

神出鬼没のKSCメンバーがあなたの一言を集めに行きます!

今回の担当者:コマ、カオリ  インタビューアシスタント・ナルミ


<放送日>
毎週水曜日、午後2時30分
<再放送日>
木曜日 午後1時30分~
日曜日 午後6時30分~
月曜日 午前10時~ 前週の再放送

◆KSCのFacebookでも番組のご案内をしています。
https://www.facebook.com/pages/KSC/713347245410655

<メールの宛て先>
radio@fm791.net  FAXの場合は、0186-25-8817

「KSCのお時間ですよ~」の民謡番組
うだっこのお時間ですよ~ 4回目
尺八奏者の黒澤文男さんとチナツでお送りします。 

image1


今回は秋田県内で行われる民謡全国大会の一部をご紹介します。

1曲目 秋田港の唄
   毎年4月に秋田市土崎で全国大会が行われます。
   秋田市土崎出身の劇作家である金子洋文氏作詞作曲の民謡です。
   特徴的な掛け声は秋田の漁師が舟を漕ぐときや、 
   網を引くときの声を参考に作られたと言われています。

2曲目  秋田おばこ節
   毎年6月に大仙市大曲で全国大会が行われます。
   仙北周辺で流行していた山形県の「庄内おばこ」を
   角館の曳山祭用に歌詞を整え編曲されたものが
   「秋田おばこ節」の原型と言われています。

3曲目  秋田草刈唄
   毎年6月ににかほ市仁賀保で全国大会が行われます。
   県南で歌われていた作業唄が原型と言われている民謡です。
   昭和35年に開催されたのど自慢大会で歌われ、有名になりました。

4曲目 秋田追分
   毎年7月に五城目町で全国大会が行われます。
   秋田県内の四季折々の景色と色々な地名が歌われています。
   北海道の「江差追分」や新潟の「越後追分」 の影響で
   作られていった曲と言われています。

以上、4曲をお届けしました。

今回は、次回に引き続き『鹿角民話の会 どっとはらえ』の北村会長から
三湖物語」の後半を語っていただきました。


南祖坊との戦いに敗れた八郎太郎は、鹿角盆地を湖にしてしまおうと企てます。

何処をどのようにして湖にしてしまうつもりだったのでしょう?


そして、巡りめぐって、今は田沢湖で竜子姫とアツアツで暮らしているみたいです。

「えっ、どうしてそうなるの?」と疑問に思われる方、是非、再放送をお聴き下さい。


今回は、物語にちなんだ地名になども 、お話とお話の間で 紹介しています。

「えっ、そうなんだ!」と新しい発見があるかもしれませんよ。


2回にわたったお話を語り終えた北村会長は
「やっと終わってホッとした」と安堵のため息をついていました。
一ヶ月余り頭の中から離れなかったみたいです。


北村会長、ありがとうございました。



鹿角のむがしっこ 定期公演のお知らせ


第18回 花輪地区会場

日時 3月4日(土) 13:00開場 13:30開演

場所 ミット・プラザ

8つの昔っこが語られます。

うち2つは、小坂中1年生八幡平小5年生の子どもが語ります。


入場は無料ですので、是非お越し下さい。


DSC_0107


担当は、メグミとミッチーでした。 


みなさんご機嫌いかがですか?
KSCのお時間ですよ~の鹿角いいとこ再発見は 
毎月第3週目に放送しています
「それぞれが思う 鹿角のいいところ 楽しんでること」を紹介して
自分の住んでいる街を ますます好きになろう~
田舎は何もない という口癖を なくして  
鹿角には 何があるのか自分たちで見つけよう~
ということで 毎回 いろんな年代や グループの方々にお話をきいて 
番組を制作しています。
・・・・・が、
今回は、秋田市出身 鹿角歴4年のマキと
鹿児島出身 鹿角歴29年のnarumiが思う。。。
鹿角のいいとこ ベスト10」です。
※小坂町を含む鹿角地区


マキとnarumiが「鹿角いいとこ」あれこれ探してみました。
い~~っぱいありました♫

①永続地帯⇒自給率236% 秋田県で唯一の市町村
※ 住み続けるために必要なエネルギーと食糧を地域で生み出すことができる市町村

②お祭り・神事⇒花輪ばやし・花輪ねぷた・大湯大太鼓・毛馬内盆踊り・大日堂舞楽
        (世界遺産)

③史跡・遺産⇒ストーンサークルや尾去沢鉱山・小坂鉱山事務所・康楽館など

④自然⇒十和田と八幡平の国立公園・四季折々の景色

⑤子育ての環境⇒秋田県内トップレベルの出生率・子育て支援 

⑥食べ物⇒水・お米・くだもの・野菜・牛・豚・鶏・山菜

⑦温泉と旅館⇒八幡平・湯瀬・大湯・毛馬内七滝・各温泉地に個性的な旅館

⑧スポーツ⇒全国大会規模・スキー・駅伝・キャプテン翼杯サッカー

⑨文化 ⇒全国大会規模・かるた(百人一首)・吹奏楽・民謡・民話や伝説

⑩立地⇒北東北3県の中心地 (秋田・青森・岩手)・異文化
 交通の便利の良さ バスで盛岡・仙台・東京に乗り換えなしで行ける

まだまだ私たちの知らない 「鹿角のいいとこ」たくさんあると思います。
みなさんの思ういいとこも教えてください。
お待ちしています~~

話題の十和田湖冬物語に行ってきました♫
IMG_5156
















【関連サイト】
「鹿角のいいね」を探そう~♫

宿泊・観光・物産のお問い合わせ
十和田八幡平観光物産協会




来月(後半)は マキとnarumiが個人的な感情の入った(笑)
「私が思うベスト10」を発表します。
お楽しみに~~~(⊹^◡^)ノo゚。**。♡

音楽:ナオト・インティライミ「LIFE」


<リピート放送>
・2/16 木曜日 午後1時30分~
・2/19 日曜日 午後6時30分~
・2/20 月曜日 午前10時~ 前週の再放送
※再放送は、通常番組とは別な番組の放送を行う場合があります。
番組案内は、都合により直前告知となりますので、ご了承ください。




***** 付 録 *****

収録の前日、鹿角市産業活力課主催の 
藻谷浩介さんの市民公開講座。。。。
「鹿角市の国富論~豊かに住める鹿角に向けて
どうしてもやらねばならないこと」をコモッセで聞いてきました。 

「地域活性化は人口が減らなくなること。」と言い
秋田県は人口流出・人口減少が激しく このままだと 
全国で「一番最初に消滅するかもしれない県」 と言われていますが 
その中で 鹿角もこのままだと 消滅するかもしれない。 
そうならないためにはどうするか 何をしなければならないか・・・
というお話でした。

「ここにはなにも無い」 「そんなのは当たり前」 という人が多い町ほど 
消滅していく。
逆に 私の町にはこれがある こんなものもあるよ 
こんなにすばらしいものがたくさんある。
そして こんなにすばらしいものがあるのは 当たり前ではなく 
とても有難い(有ることが難しい)ことなのだ。
これまで携わっていた方々が守ってくれたから 今あるのだ 
ということを市民一人一人が感じること。 
それを次世代の子供たちに伝えていくこと。 
これが大切だとおっしゃっていました。 

そして この土地 鹿角で取れたもの 作られたものを 
地元のみんなが消費していくこと。
地産地消をすることで 鹿角のものを買うこと で  鹿角がいい町として 
ずっ~~と残っていく。というお話でした。 

全国各地をまわっていらっしゃる藻谷さんがおっしゃるには 
他の地域から比べると 鹿角はホントに豊かな土地であると。
それを私たちが自覚することで 鹿角はますます元気になるのでは
ないかと 講演をきいて感じました。  

また、鹿角に住む理由 なぜここに住んでいるのか 
たとえば・・・ 
※八幡平の四季折々の景色が好きだから 
※ストーンサークルから見る夕日が大好き 
※お祭り・花輪ばやしに携わりたい 
※先祖から受け継いだ仕事 家 土地がある 
なんでもいいそうです。

住む人が堂々と住む理由を説明できる町だけが残る。 
「仕方なく住む町に未来は無い」と 言い切りました。 

私たちも この鹿角いいとこ再発見という番組を通して 
「鹿角のいいとこ探し」をして 市民のみなさんに これは当たり前にあるけど 
有難いことで 自慢していいことなんだ 鹿角の魅力の一つなんだ
ってことを お伝えしていけたら いいな と思いました。

突撃!K・S・C!! 6回目

この番組はKSCメンバーがいたるところに現れて、鹿角に住む人から通りがかりの人まで、様々な人へのインタビューを行う番組です。

 鹿角きりたんぽFMでは
「鹿角市民全員の声をラジオにのせる」
を目標にしています。
KSCメンバーが取材活動をしているところに出くわしたら、是非あなたの一声をお聞かせ下さい。

2月のテーマは保育園児のお年玉事情です。
不況を叫ばれて久しい2017年、お正月気分のかけらも残っていない1月も終わりのころ、
『近ごろの保育園児は、いったいどのくらいのお年玉をもらって、そんでもって何につかっているのだろうか?』
と突然思い、 アポもそこそこに、毛馬内保育園へと馳せ参じてまいりました。
インタビューに応じてくれたのは、保育園の年長組のお友達です。
14858227582340
今回までで、鹿角市民32,199人(12月末現在)のうち
先月までの44人と今月の16人を足して、のべ60人の声をお届けしました。
神出鬼没のKSCメンバーがあなたの一言を集めに行きます!


紹介曲 星野源 「恋」  
担当 ナルミ オオサト 

 『KSCのお時間ですよ~』 第174回は、「『まさか』に嫁いで」をお届け致しま~す(^-^)/。 
まさか鹿角に嫁ぐなんて!まさかこういう家(仕事など)に嫁ぐことになるなんて!というお嫁さん、時にはお婿さんをお迎えして、お話を伺いたいという企画です♪

16442979_1194180694033960_1953557223_oc

隔月でお送りしているこの企画、今回のゲストは、花輪旭町の『お菓子のさこう』ご主人、佐藤茂幸さんです♪
岩泉町出身でホテル関係にお勤めだった茂幸さんと奥様との馴れ初め、鹿角歴二十数年になっての思いなど、お話を伺いました(^-^)。


16426547_1194182427367120_1659605914_nc

16425554_1194861270632569_32289245_n



紹介曲:オリジナル・ラブ『春のラブバラッド』

ゲスト:『お菓子のさこう』ご主人 佐藤茂幸さん
担当…カオリ・ユウショウ

〈放送日〉2月1日(水)14:30~15:00
〈再放送〉2月2日(木)13:30~14:00
                           5日(日)18:30~19:00
                           6日(月)10:00~10:30
 
 ※再放送は、通常番組とは別な番組の放送を行う場合があります。
番組案内は、都合により直前告知となりますので、ご了承ください。

◆KSCのFacebookでも直前にご案内しています。
「鹿角きりたんぽFM・サポータークラブ・KSC」
https://www.facebook.com/pages/KSC/713347245410655

メールの宛て先 radio@fm791.net  または radioksc@gmail.com 

今回の演題 三湖物語 前編    語り部 北村正人


今回は、鹿角民話の会の会長、北村正人さんに「 三湖伝説」を語っていただきました。

三湖伝説とは、竜になった八郎太郎が十和田湖を追われ、
八郎潟を経て、辰子姫の住む田沢湖に辿り着くまでのスケールの大きな伝説です。
十和田湖、八郎潟、田沢湖と三つの湖にまたがったお話しなので
「三湖伝説」と呼ばれています。

前回、草木小学校の子ども達がお話ししてくれた「八郎太郎物語」を
もっと詳しくもっと壮大にとお伝えしたいと思います。


全部を語ると短くても40分はかかるお話しなので
今回と次回の二回に分けてお送りします。

前半の今回は八郎太郎が竜となり、
南僧坊や鹿角の神々ととの戦いに破れて鹿角を去るまでの予定でしたが
北村さんが語りの世界に入り、表現力たっぷりに語って下さり
十和田湖を追われるところまでしか収録できませんでした。


話の中に出てくる難解な単語なども番組の中で詳しく解説しています。

次回、2/22放送の第177回では、
八郎太郎が鹿角を湖にしてしまおうとするお話しから始まり、
田沢湖が厳冬でも何故凍らないかまでお話ししていただく予定です。
お楽しみにして下さい。

DSC_0033
 

担当は、メグミとミッチーでした。


このページのトップヘ