KSCの公式ブログ

番組名「KSCのお時間ですよ~!」 鹿角きりたんぽFMサポータークラブが企画・制作する番組のブログです。

2017年11月

この番組では、語り部さん達の教本である
「陸中の国鹿角の伝説」と「陸中の国鹿角のむかしっこ」の2冊から
その中に書かれてある全てのお話を、順を追って紹介しています。


今回は「陸中の国鹿角のむかしっこ」から、4話をお届けします。

一つ目は、前回「番組最後の話では縁起が悪い」ととばした
第6話『ころされた狐』

二つ目は、海沼イネさんの語りで
第8話 『上方参り』

三つ目は 第9話 『武士と娘』

最後は、第10話 『兄の心』    です。

それぞれに「昔の教訓 」が出てきます。
ためになりますかどうか…


次回は、伝説の方から 第11話「ダンブリ長者」を予定しています。



担当 メグミ ミッチー 

みなさん、ご機嫌いかがですか。
第3週は、『鹿角いいとこ再発見』をお送りしています。
鹿角で活躍している個人・団体を全力応援!する番組となっています。


今回のゲストは、英語教育プロジェクト『Kizuna』の代表、内ヶ崎 郡(うちがさき ぐん)さんです。
お仲間内では、「ぐんちゃん」と呼ばれ親しまれているようですよ(^^)!

774A684F-7B9E-4B8A-A700-8EEC60EE487F



主な活動は「体験して学習する英語教室 えいご×スポーツ」となっています。
他、コモッセ近く(花輪字八正寺)のカフェ Kotoriusagi さんにて「K&K Reading Club」も開催しています。

「えいご×スポーツ」は主に未就学児から10歳までを対象としていて、
「K&K Reading Club」は中学生以上の方を対象としています。
年齢に合わせた英語教室を展開していて、活動の今後に期待が高まります!!

実は私マキも Reading Club で実践されているものを少し体験したのですが、
単語の意味がわかるだけで、英文絵本の内容が簡単に理解できました!
英語に苦手意識がある方でも簡単に「英文が理解できる喜び」を体感することができると思います!


1EEE4C7E-468A-4D54-91A1-28E9430C0D6B



Kizuna プロジェクトに込めた思い、鹿角での英語教育にかける意気込みを熱く語ってくれましたよ〜(^^)!


Kizuna についてのお問い合わせにつきましては、下記ホームページの「お問い合わせフォーム」よりお願いします。
https://www.kizuna-k.net/blank-2


担当:マキ

みなさん、ご機嫌いかがですか。
第2週は、『セブンティーンズのお時間ですよ〜』をお送りしています。
KSCの高校生たちが張り切ってお話ししていますよ〜!

声優志望のおってぃとアルマ、読み上手になりたいさこに加えてもう一人、
新メンバーに「みゅう」を迎えて4人体制となりました。


今回は4人それぞれが、詩や物語を朗読しています。
(全て水城ゆうさん著作のフリーテキストです)

その内容にも注目してお聴きください!



4C02A0BB-A26D-4B34-96C2-DAA2CBC7B2B4


「KSCのお時間ですよ~」の民謡番組
うだっこのお時間ですよ~ 8回目
尺八奏者の黒澤文男さんとチナツが
宴会にピッタリな民謡を「ほろ酔い」気分でお送りします。

171101済

※ノンアルコール飲料です。

今回は秋田県・青森県・岩手県の
宴会で披露される民謡を紹介します!

1.こっから舞 秋田県
秋田県内で一番宴会に特化した民謡だと思われます。
色々な始まりが歌われ、男女の関係を連想させる
かな~り大人向けの民謡です。
踊りもセクシャルな雰囲気があり個性的です。

2.南部よしゃれ 岩手県
格調高く気品がある唄として有名です。
踊りは正装である紋付の着物を着て踊られます。
この唄の起源は青森の「黒石よされ」にあるとされ、
黒石→鹿角→雫石と伝わってきたという説があります。

3.どんぱん節 秋田県
秋田県内だけでなく全国的に有名な民謡です。
明るくて元気のいい「ドンドンパンパン」の囃子言葉は
覚えやすいため、秋田民謡を習う子供達の定番曲でもあります。

4.津軽じょんから節 青森県
津軽じょんから節は三味線の独奏や合奏を思い浮べる方が
多いかもしれませんが、この唄にも歌詞があります。
一般的な歌詞の他に、歌い手さん独自の歌詞が作られるなど
自分の世界観を表現出来る唄の一つです。

5.秋田音頭 秋田県
全国的に人気がある民謡です。篠笛の音が心地いいです。
竿燈のお囃子に似た雰囲気があります。
歌詞の中には秋田名物を歌っている部分があり、
そこだけは歌える方も多いと思います。

今回の「宴会で披露される民謡」特集はいかがでしたか?
次は2018年1月にお会いしましょう!

このページのトップヘ