KSCの公式ブログ

番組名「KSCのお時間ですよ~!」 鹿角きりたんぽFMサポータークラブが企画・制作する番組のブログです。

2018年03月

今回は、「陸中鹿角の伝説」より

第14話 『錦木塚物語』と

第15話『涙川』 第16話『はっこ清水(すず)』
を、お送りします 

「涙川」も「はっこ清水」も、「錦木塚物語」に
付随したお話です

語り手は、久しぶりの登場で
鹿角民話の会の『奈良 育さん』です


時間が余ったのでオマケ
「陸中鹿角の昔っこ」から、第16話『狐の恩がえし』
ミッチーが語ります


担当 メグミ ミッチー

 

みなさん、ご機嫌いかがですか?
第3週は、『鹿角いいとこ再発見』です。
毎回、鹿角でがんばっている団体や個人を紹介しています。

今回紹介するのは、NPO法人 かづのclassyです。
代表の木村芳兼(よしかね)さんに、お話を伺いましたよ〜!

移住者と地元の人とを繋げる輪を作りたい。
鹿角でしかできないこと・得られないものを一緒に見つけていきたい。
その思いを語ってくださってます。
A38F4494-88AA-45C0-BBDB-714A4B9C1DF3


さすが、カメラ慣れしてますね!!


『鹿角いいとこ再発見』では、これからも
鹿角のいいところを紹介していきます。
みなさんが思う鹿角のいいところ、がんばっている人を教えてください!


A2E624F2-2910-4D08-962E-35499D9F67D0



担当:narumi、マキ

みなさん、ご機嫌いかがですか、KSCセブンティーンズです!

セブンティーンズでは、第2週水曜日に、「朗読」と「アニメ・アニソン」を隔月で紹介しています。
今回の放送は、メンバーと同じくアニメ・アニソンが大好きな、鹿角きりたんぽFMのパーソナリティ・あっしゅさんをゲストにお迎えしました!
アルマとミュウが、あっしゅさんと一緒に好きなアニメや声優さんのお話で盛り上がりました! お楽しみに!

IMG_7116

IMG_7111

あっしゅさんご紹介曲:「BREAKTHROUGH!」、「DIAMOND SUMMER」 Trickstar

ミュウ紹介曲:「ピースサイン」 米津玄師

アルマ紹介曲:「WHITE」 超魂團(ウルトラソウルズ)

BGM 「刀剣乱舞-ONLINE-」近侍曲集 其の一 DISK2

ゲスト:鹿角きりたんぽFMパーソナリティー あっしゅさん
担当:アルマ、ミュウ



◎ご案内
KSCセブンティーンズの番組に参加してみませんか?
番組制作に興味がある高校生は、鹿角きりたんぽFM「KSCサポータークラブ・セブンティーンズ」までお問い合わせください。お待ちしてま~す!
※参加者は、高校生に限らせていただきます。


<宛先> mail:radio@fm791.net   fax:0186-25‐8817

◇鹿角きりたんぽFM 周波数79.1MHz
番組名「KSCのお時間ですよ~!」
毎週水曜日 午後2時30分より放送中
<サイマル放送> 
http://www.simulradio.jp/

再放送
・木曜日 午後1時30分~
・日曜日 午後6時30分~
・月曜日 午前10時~ 前週の再放送

◆KSCのFacebookでも直前にご案内しています。
「鹿角きりたんぽFM・サポータークラブ・KSC」
https://www.facebook.com/pages/KSC/713347245410655

「KSCのお時間ですよ~」の民謡番組
うだっこのお時間ですよ~ 10回目
尺八奏者の黒澤文男さんとチナツがお送りします。

今回は「色々な地域の民謡」をご紹介します。

1.黒田節 福岡県
「酒は飲め飲め~」で始まる有名な民謡です。
この唄は武士がお酒を豪快に飲んで褒美として、「日本号」という槍を得た。
という逸話があります。
一昔前は、祝言で歌われる定番の唄だったようです。

2.安来節 島根県
みなさん「どじょうすくい」を思い浮べて下さい。
この唄は大正時代に爆発的に流行した「どうじょうすくいの歌」です。
当時の東京や大阪の演芸場は毎日の様に公演が行われたそうです。

3.白浜音頭 千葉県
この唄は「民謡で地域活性化をしよう!」という明確な目的のもと作られました。
音頭の名の通り、盆踊り唄として全国的な人気を博しました。

4.佐渡おけさ 新潟県
新潟の民謡といえばこの唄を思い出す方も多いと思います。
この唄には由来や逸話が20種類くらいあるらしいと言われております。
その中で有名なお話は熊本県の「牛深ハイヤ節」という唄が
北前船の往来で佐渡に伝わり、地元の唄と混ざり合って成立していった説です。

5.からめ節 旧南部領
最後は鉱山の金・銀・銅を選別する作業を唄い表した民謡をご紹介します。
この唄は盛岡藩の金山奉行が鉱山で働く女性達に
からめ作業の様子を歌い踊らせたことから出来た民謡と言われています。
尾去沢鉱山は旧南部領の主力鉱山でした。この唄の主役でもあります!
これからも伝承していきたい大切な唄です。

今回の「色々な地域の民謡」特集はいかがでしたか?
次は2018年5月にお会いしましょう!

予定では『錦木塚物語』の予定でしたが
都合により、「陸中鹿角の昔っこ」から 、次の3つをお送りします

一つ目
第13話 猿とり地蔵

このお話は「人の真似はするもんでね」という「教え」です
昔話には良くあるパターンのストーリー


二つ目
第14話 狐からもらったみやげ

妻は、お母さんは、狐だった
正体を知られた妻は、母親は、もはや一緒には暮らせない
それでも、夫を、子どもを思うきつねは…
『感動」の昔っこです


三つ目
第15話 ぼさまの花嫁

大地主の腰痛を治してあげたぼさま(あんまさん)は
要求通り、地主の娘を嫁っこにもらいました
長持ちに入れられた嫁っこを撫でながら
その手は下へ下へと…
結末はいかに?
ドキドキする楽しい昔っこでした


担当 : メグミ ミッチー

 

このページのトップヘ