KSCの公式ブログ

番組名「KSCのお時間ですよ~!」 鹿角きりたんぽFMサポータークラブが企画・制作する番組のブログです。

2018年05月

みなさん、ごきげんいかがですか。

鹿角には良い場所、良い施設など、古いものから新しいものまで良いものが数多くあります。
また、様々な活動をしている人たちなどを「鹿角いいとこ再発見!」ではご紹介しています。

今回ご紹介するのは、鹿角でアマチュア無線を趣味として楽しんでいる方々です。
鹿角には、多くのアマチュア無線の有資格者がいますが、今回の「KSCの時間ですよ~!」では、お二人のゲストをお迎えしてアマチュア無線以外にも様々な無線についてのお話しを伺いました。

IMG_7566v
 
手前左から、JH7SFB・岩淵皐さん   JH7GLZ・関村秀穂
この世界には、アマチュア無線以外にも様々な無線電波が常時飛び交っています。
このような電波の世界を趣味として楽しまれている方が今回のゲストです。


ゲスト:岩淵皐、
関村秀穂
担当者:トモジュウ、コマ
 

◇鹿角きりたんぽFM 周波数79.1MHz
番組名「KSCのお時間ですよ~!」
毎週水曜日 午後2時30分より放送中
<サイマル放送> http://www.simulradio.jp/

再放送
・木曜日 午後1時30分~
・日曜日 午後6時30分~
・月曜日 午前10時~ 前週の再放送

◆KSCのFacebookでも直前にご案内しています。
「鹿角きりたんぽFM・サポータークラブ・KSC」
https://www.facebook.com/pages/KSC/713347245410655 

みなさん、ご機嫌いかがですか、セブンティーンズです!

KSCのセブンティーンズは、「アニメ・アニソン」をご紹介しています。
今回の放送は、またまた「アニソン店長」の安保店長さんがゲストに来てくれました!!
「アニソン店長」では女性声優さんの話題が多いとの事で、今回は男性声優さんのお話をしました。

IMG_7439b

IMG_7440b

セブンティーンズメンバーは、今後ボイスドラマなどにも挑戦してみたいと思います!
今後のセブンティーンズをお楽しみに‼

IMG_7438b

アルマ紹介曲:「テレーゼの溜息」『終焉ノ栞プロジェクト』E記 CV.松岡禎丞
オッティ紹介曲:「MY DEAR GILL!」 小野大輔、神谷浩史
エンディング曲:「夢見るPOWER」MooNs
BGM:「まるかいて地球」『ヘタリア』 まるかいてベスト

ゲスト:「アニソン店長」安保店長さん
担当:アルマ、オッティ、サコ


◎ご案内
KSCセブンティーンズの番組に参加してみませんか?
番組制作に興味がある高校生は、鹿角きりたんぽFM「KSC・セブンティーンズ」までお問い合わせください。お待ちしてま~す!
※参加者は、高校生に限らせていただきます。


<宛先> mail:radio@fm791.net   fax:0186-25‐8817

◇鹿角きりたんぽFM 周波数79.1MHz
番組名「KSCのお時間ですよ~!」
毎週水曜日 午後2時30分より放送中
<サイマル放送> http://www.simulradio.jp/

再放送
・木曜日 午後1時30分~
・日曜日 午後6時30分~
・月曜日 午前10時~ 前週の再放送

◆KSCのFacebookでも直前にご案内しています。
「鹿角きりたんぽFM・サポータークラブ・KSC」
https://www.facebook.com/pages/KSC/713347245410655 

「KSCのお時間ですよ~」の民謡番組
うだっこのお時間ですよ~ 11回目
尺八奏者の黒澤文男さんとチナツがお送りします。

minnyou5


今回は「春・田仕事の始まり」をテーマにした民謡をご紹介します。

1.鹿角あらくれ節
田掻ぎの唄です。この唄には馬が登場します。
冬の間に固くなった田んぼの土をほぐすため
馬に馬鍬を引かせて田掻ぎをしています。
家族同然の働き者の馬にご褒美を上げるよ。という唄です。

2.湯瀬村こ 春唄
鹿角民謡の中でも難しさが際立っている民謡であるようです。
この唄は歌い始めの音の取り方がとても難しいです。
湯瀬村こには春唄と秋唄があり、今回は春唄をご紹介しました。

3.秋田草刈り唄
この唄は毎年6月ににかほ市で全国大会が行われています。
馬や牛の餌に使うために草を山の草刈り場へ刈に行く唄です。
昔は家畜用配合飼料などはないので自分達で餌を作る必要がありました。

4.田の草取り唄
田んぼの民謡といえばこの唄を思い出す方も多いと思います。
この唄にはしゃがんで行う草取りの辛さが凝縮されています。
聞いているだけで腰痛の心配をしてしまいますね。

5.姉こもさ
この唄は仙北の鉱山で歌われていた唄が元となり
お座敷唄に変化していったといわれております。
娘さんが想い人に書いた手紙を鳥に「渡して下さい」と
お願いし、鳥も「必ず渡します。」と約束をする唄です。

今回の「春・田仕事の始まり」特集はいかがでしたか?
次は2018年7月にお会いしましょう!

このページのトップヘ