今回の演目 佐多六とシロ   草木小学校 1年生 & 2年生
                  八郎太郎伝説     〃   3年生
 & 4年生

鹿角の民話、今回は草木小学校の1年から4年までの子ども達が

「昔語り」に挑戦した様子を録音でお送りします。


草木と言えば「八郎太郎伝説」「佐多六とシロ」の地元

そして、錦木塚物語の若者も草木から通い続けたという

鹿角の数ある伝説の中でも三大伝説が残るいわば「鹿角の伝説のメッカ」 

この地元の子ども達が「ふるさと教育」の一環として

1.2年生と3.4年生が一人一人が数小節ずつ

草木の伝説をみんなで語りました。


まずは1、2年生の「佐多六とシロ」

本当は、12月8日の授業参観での語りを収録する予定でしたが

ミッチーが前日収録のテストに行った際に

「お家の人達の前だと緊張するかも…」という教頭先生の配慮で

急遽前日に収録する事になりました。

誰も聴いていないとはいえ、マイクを持っての語り

1、2年生はやはり緊張します。

緊張感ありありでも元気いっぱいに語ってくれました


3、4年生は「八郎太郎伝説」

この伝説は田沢湖へ辿り着くまでを語ると30分はかかる長~いお話。

今回は、十和田湖を追われた太郎が八郎潟へ辿り着くまでです。

3、4年生は8日、大勢のお家の人達の前で

独り一人がマイクに向かってしっかりと語りました。

中村教頭先生曰く

「少人数の学校だから、ちゃんと表現しなくても

 なあなあで伝わるところがある。

 だから、語りを通してちゃんとした表現力を養いたい」

という思い、子ども達はしっかりと受け止めて成長したように思いました


聴き終わったお家の人達の感想、一つ一つ頷ける感想でしたが

中でも「地元に住んでいるのに、きちんと内容を知らなかった。

子ども達の話を聴いてちゃんとわかった」というお話は

日頃「鹿角に伝わる素晴らしい民話をもっとみんなが知って欲しい」と

考えているミッチーには、とても素晴らしい感想

そして子ども達の語りの成果の大きさを実感しました。


鹿角の民話、広まって欲しいで〜す!!

今回の担当は 
DSC_0165
     メグミ と ミッチー 
でした。