今回の演題 三湖物語 前編    語り部 北村正人


今回は、鹿角民話の会の会長、北村正人さんに「 三湖伝説」を語っていただきました。

三湖伝説とは、竜になった八郎太郎が十和田湖を追われ、
八郎潟を経て、辰子姫の住む田沢湖に辿り着くまでのスケールの大きな伝説です。
十和田湖、八郎潟、田沢湖と三つの湖にまたがったお話しなので
「三湖伝説」と呼ばれています。

前回、草木小学校の子ども達がお話ししてくれた「八郎太郎物語」を
もっと詳しくもっと壮大にとお伝えしたいと思います。


全部を語ると短くても40分はかかるお話しなので
今回と次回の二回に分けてお送りします。

前半の今回は八郎太郎が竜となり、
南僧坊や鹿角の神々ととの戦いに破れて鹿角を去るまでの予定でしたが
北村さんが語りの世界に入り、表現力たっぷりに語って下さり
十和田湖を追われるところまでしか収録できませんでした。


話の中に出てくる難解な単語なども番組の中で詳しく解説しています。

次回、2/22放送の第177回では、
八郎太郎が鹿角を湖にしてしまおうとするお話しから始まり、
田沢湖が厳冬でも何故凍らないかまでお話ししていただく予定です。
お楽しみにして下さい。

DSC_0033
 

担当は、メグミとミッチーでした。