今回の演目 と 語り手


きりたんぽ物語   佐藤友信

人を助けた雄鳥   多賀谷吉朗

歌をうたう猫    山口京子



今回も定期公演で録音された昔っこです

スタジオで語るのとは違った臨場感がありますよ

数ある録音音源から、メグミがセレクトしてみました


まず、一話目は『きりたんぽ物語』

鹿角の名産品きりたんぽですが

何故「きりたんぽ」と呼ぶのか、ご存じですか?

きりたんぽの由来の昔っこです。


知っているつもりの方も、知らない方も

まずは聴いてたんへm(_ _)m


二話目は『人を助けた雄鳥』です

雌は卵を産んで人の役に立っていますが

雄鳥は…? 焼き鳥?

いえいえ、人の命を救ったという昔っこです

どうやって? 聴けばわかります(^_^)v


最後は、『歌をうたう猫』

鹿角の昔っこには猫が良く登場します

猫のお話は、どちらかというと「怖いお話」

今回もやはり「怖いお話」になりました。


挿入曲 ダックス・ムーン 『きりたんぽ物語』


お知らせ

関善賑わい屋敷にて

『鹿角の昔話を語る会』が開催されています


今後の予定は 7/8(土)  7/23(日) 8/3(木)

時間は、いずれも11:00~です。入場は無料

由緒あるたたずまいの中で聴く昔っこは

雰囲気最高ですよ \(^O^)/


10月まで月2回開催されますので

また、次回にお知らせします


担当 メグミ ミッチー