「KSCのお時間ですよ~」の民謡番組
うだっこのお時間ですよ~ 15回目
尺八奏者の黒澤文男さんとチナツがお送りします。

1月民謡


今回も「全国大会がある民謡」をご紹介します。

1.おめでたい唄 南部俵積唄
門付け芸人がお正月に家々を巡り
家内安全と商売繁盛を願い歌った祝い唄です
歌詞の間に入る「こら」の合いの手が特徴的です

2.山形県 新庄節
元は草刈甚句でしたが、お座敷唄として発展してきました
現在も酒宴の定番曲として人気があります
毎年3月に山形県新庄市で全国大会が行われています

3.福島県 相馬流れ山
相馬の野馬追の姿を勇ましく歌いあげます
地元では大変親しまれていて「相馬の国歌」と呼ばれています
毎年5月に福島県相馬市で全国大会が行われています

4.新潟県 岩室甚句
お座敷唄、盆踊り唄として親しまれている唄です
歌詞に出てくる良寛様(お坊さん)は
絵本などにも描かれる有名なお坊さんです
毎年9月か10月に「おけさ・追分・甚句全国大会」が行われています

5.秋田県 どんぱん節
今回最後は賑やかにどんぱん節です
この唄は前奏なしで唄と伴奏が同時に始まる唄です
唄い出しが緊張しますね
かわいい振付の踊りもあり、子供達にぴったりな民謡です

今回の「全国大会がある民謡」特集はいかがでしたか?
次は2019年3月にお会いしましょう!