KSCの公式ブログ

番組名「KSCのお時間ですよ~!」 鹿角きりたんぽFMサポータークラブが企画・制作する番組のブログです。

カテゴリ: 鹿角いいとこ再発見

みなさんご機嫌いかがですか?
KSCのお時間ですよ~の鹿角いいとこ再発見は 
毎月第3週目に放送しています
「それぞれが思う 鹿角のいいところ 楽しんでること」を紹介して
自分の住んでいる街を ますます好きになろう~
田舎は何もない という口癖を なくして  
鹿角には 何があるのか自分たちで見つけよう~
ということで 毎回 いろんな年代や グループの方々にお話をきいて 
番組を制作しています。
・・・・・が、
今回は、秋田市出身 鹿角歴4年のマキと
鹿児島出身 鹿角歴29年のnarumiが思う。。。
鹿角のいいとこ ベスト10」です。
※小坂町を含む鹿角地区


マキとnarumiが「鹿角いいとこ」あれこれ探してみました。
い~~っぱいありました♫

①永続地帯⇒自給率236% 秋田県で唯一の市町村
※ 住み続けるために必要なエネルギーと食糧を地域で生み出すことができる市町村

②お祭り・神事⇒花輪ばやし・花輪ねぷた・大湯大太鼓・毛馬内盆踊り・大日堂舞楽
        (世界遺産)

③史跡・遺産⇒ストーンサークルや尾去沢鉱山・小坂鉱山事務所・康楽館など

④自然⇒十和田と八幡平の国立公園・四季折々の景色

⑤子育ての環境⇒秋田県内トップレベルの出生率・子育て支援 

⑥食べ物⇒水・お米・くだもの・野菜・牛・豚・鶏・山菜

⑦温泉と旅館⇒八幡平・湯瀬・大湯・毛馬内七滝・各温泉地に個性的な旅館

⑧スポーツ⇒全国大会規模・スキー・駅伝・キャプテン翼杯サッカー

⑨文化 ⇒全国大会規模・かるた(百人一首)・吹奏楽・民謡・民話や伝説

⑩立地⇒北東北3県の中心地 (秋田・青森・岩手)・異文化
 交通の便利の良さ バスで盛岡・仙台・東京に乗り換えなしで行ける

まだまだ私たちの知らない 「鹿角のいいとこ」たくさんあると思います。
みなさんの思ういいとこも教えてください。
お待ちしています~~

話題の十和田湖冬物語に行ってきました♫
IMG_5156
















【関連サイト】
「鹿角のいいね」を探そう~♫

宿泊・観光・物産のお問い合わせ
十和田八幡平観光物産協会




来月(後半)は マキとnarumiが個人的な感情の入った(笑)
「私が思うベスト10」を発表します。
お楽しみに~~~(⊹^◡^)ノo゚。**。♡

音楽:ナオト・インティライミ「LIFE」


<リピート放送>
・2/16 木曜日 午後1時30分~
・2/19 日曜日 午後6時30分~
・2/20 月曜日 午前10時~ 前週の再放送
※再放送は、通常番組とは別な番組の放送を行う場合があります。
番組案内は、都合により直前告知となりますので、ご了承ください。




***** 付 録 *****

収録の前日、鹿角市産業活力課主催の 
藻谷浩介さんの市民公開講座。。。。
「鹿角市の国富論~豊かに住める鹿角に向けて
どうしてもやらねばならないこと」をコモッセで聞いてきました。 

「地域活性化は人口が減らなくなること。」と言い
秋田県は人口流出・人口減少が激しく このままだと 
全国で「一番最初に消滅するかもしれない県」 と言われていますが 
その中で 鹿角もこのままだと 消滅するかもしれない。 
そうならないためにはどうするか 何をしなければならないか・・・
というお話でした。

「ここにはなにも無い」 「そんなのは当たり前」 という人が多い町ほど 
消滅していく。
逆に 私の町にはこれがある こんなものもあるよ 
こんなにすばらしいものがたくさんある。
そして こんなにすばらしいものがあるのは 当たり前ではなく 
とても有難い(有ることが難しい)ことなのだ。
これまで携わっていた方々が守ってくれたから 今あるのだ 
ということを市民一人一人が感じること。 
それを次世代の子供たちに伝えていくこと。 
これが大切だとおっしゃっていました。 

そして この土地 鹿角で取れたもの 作られたものを 
地元のみんなが消費していくこと。
地産地消をすることで 鹿角のものを買うこと で  鹿角がいい町として 
ずっ~~と残っていく。というお話でした。 

全国各地をまわっていらっしゃる藻谷さんがおっしゃるには 
他の地域から比べると 鹿角はホントに豊かな土地であると。
それを私たちが自覚することで 鹿角はますます元気になるのでは
ないかと 講演をきいて感じました。  

また、鹿角に住む理由 なぜここに住んでいるのか 
たとえば・・・ 
※八幡平の四季折々の景色が好きだから 
※ストーンサークルから見る夕日が大好き 
※お祭り・花輪ばやしに携わりたい 
※先祖から受け継いだ仕事 家 土地がある 
なんでもいいそうです。

住む人が堂々と住む理由を説明できる町だけが残る。 
「仕方なく住む町に未来は無い」と 言い切りました。 

私たちも この鹿角いいとこ再発見という番組を通して 
「鹿角のいいとこ探し」をして 市民のみなさんに これは当たり前にあるけど 
有難いことで 自慢していいことなんだ 鹿角の魅力の一つなんだ
ってことを お伝えしていけたら いいな と思いました。

みなさん、ごきげんいかがですか?

今回の鹿角いいとこ再発見は、「鹿角ジャンプスポーツ少年団」を紹介します。
1月3日の練習初めにお邪魔して、インタビューをしてきました。

ジャンプ大好きな子供たちの可愛い声をお聞きください。
                                                               
正式名称  鹿角ジャンプスポーツ少年団
団長    佐藤 享 さん
事務局   海沼さん 
冬の間 多忙でなかなか連絡がつかないため
問い合わせは
事務局代理 花輪 渋谷 久夫さん 0186-23-2144 へ


※みんなで安全祈願
鹿角ジャンプスポーツ少年団




入団資格⇒⇒ 小学生以上 男女問わず やる気と元気のある子供
秋田県唯一のジャンプのスポーツ少年団のため 市外・県外からも受け入れ可能で
現在も 市外・県外の団員がいます

会費⇒⇒  月に1000円 年間12000円です
 ほぼ保険や入団式など子供のために使っています
その他 道具など 最初から一式揃える必要もなく 
 団にも寄付や団員のお下がりなどあるようです
そういう 細かいことも含めて お気軽にご相談してください
夏も サマージャンプできます 

一年間飛べる このような環境は 全国でも なかなか
ありませんね。
男子からは全日本強化選手が出ました。


次は 世界で大活躍している 高梨沙羅選手のような 
第二のさらちゃんが鹿角からでるといいですね。

みんな~ケガしないように ガンバレ\(*⌒0⌒)♪
IMG_5127






















担当 KSC まき narumi 

********************************

<リピート放送>
・木曜日 午後1時30分~
・日曜日 午後6時30分~
・月曜日 午前10時~ 前週の再放送
※再放送は、通常番組とは別な番組の放送を行う場合があります。
番組案内は、都合により直前告知となりますので、ご了承ください。

◆KSCのFacebookでも直前にご案内しています。
「鹿角きりたんぽFM・サポータークラブ・KSC」
https://www.facebook.com/pages/KSC/713347245410655

メールの宛て先 radio@fm791.net  または radioksc@gmail.com







みなさん、ごきげんいかがですか?
今回の鹿角いいとこ再発見は、「八幡平剣道スポーツ少年団」を紹介します。
週に1度の練習にお邪魔して、インタビューをしてきました。

平成3年の創立から約25年、現在は20名程度のお子さんが練習に励んでいます。
 防具を身に着けて本格的な稽古をしている人、
竹刀の扱い方・足の運びといった基礎練習をする人など、
それぞれの段階に合った練習をしていました。
 
image

礼に始まり礼に終わる、という武道を通じて、子供たちも日々成長しているようです・・・!

入団に関しては、現在随時募集をしています。
対象は小学校1年生~6年生までの児童、
毎週土曜午後5時から7時まで、八幡平市民センター内の体育館で練習をしています。
剣道を通じてお子さんの仲間づくり・体力づくりをしてみませんか?


image

 インタビューを聞きながら・・・「がんばってください!!」

担当:マキ ゲン 

ごきげんいかがですか?
今回の鹿角いいとこ再発見は、「読み聞かせの会 おはなしくれよん」をご紹介します。

おはなしくれよんは、13年ほど前から活動している、読み聞かせサークルです。
鹿角地域で学校などに出向いて絵本の読み聞かせをしています。
定年退職された方が多いですが、お仕事をしながら活動している方も います。



今回は、会を代表して阿部さん、佐藤さんにお越しいただきました。

お二人が読み聞かせをしようと思ったきっかけや、活動していて印象に残っていることなどをお話いただきました。


また、実際に読み聞かせを披露していただきました。尾去沢鉱山にまつわる民話、「遣い姫物語」です。
image





































おはなしくれよんから、阿部正記さん(手前)、佐藤友信さん(奥)

鹿角の言葉で語られる物語に、聴き入っていました…


おはなしくれよんに関するお問い合わせは、
阿部正記 0186-33-2352
小田嶋久美子 0186-23-6001




担当:マキ、カオリ

みなさん、ごきげんいかがですか?
今回の鹿角いいとこ再発見は、「十和田魅力アッププロジェクト」という、
十和田中学校の取り組みについてご紹介します。 

十和田中学校では、 5年前からふるさと教育の一環として
『十和田魅力アッププロジェクト』という活動に全校で取り組んでいます。
 活動の多くは、学校祭である『十中祭』での発表・実践があるということで、
それにさきがけてインタビューをしてきましたよ~ 

まずは、担当の永井先生から活動全体の紹介をしていただきました。
1年生から3年生まで、食や歴史についてのコース別活動を行っています。


1年生・・・「悠久への思いをはせる」 「農業」 「毛馬内盆踊り」
    「ふるさとで生きていくための問題総点検!」

2年生・・・「十和田タウン情報誌」 「ボランティアガイド」 「紙芝居」
    「朗読ドラマ制作」 「十和田スイーツの開発」
    「情熱大陸(十和田編)番組制作」

3年生・・・「演劇」  「十和田弁当」
    「ふるさとで社長になりたい(未来の職業開拓)」
    「総務班」  「ショートムービー(CMの作成)」

映像制作、作物の栽培など、幅広い活動を行っているようですね

あなたが中学生だったら1年2年3年と
どのプロジェクトに参加してみたいですか???
 

さてさて、続いて実際に3年生の生徒さんたちの声をお届けしますよ~

十和田中 魅力アッププロジェクト

十和田弁当班、成田さん
「1年生の農業班との協力が難しかったです

 ふるさとで社長班、澤田さん
「 地元で働くことについて考えました 。」

 ショートムービー班、児玉さん
「将来は映像を作る仕事をしたいと思っています!!」

演劇班、美濃山さん
「鹿角の偉人、内藤湖南を劇・ダンスで紹介します!」 

※なお 総務班はきりたんぽFMの生放送に
出演されていましたので、あえて取材をしておりません
楽しみにされていた方、ご了承くださいね。


こういった活動を通して、地元の良さ・誇れるところを再確認していけたらいいですね

image

 本放送 9月21日 水曜日 午後2時30分~

<リピート放送>
・9/22 木曜日 午後1時30分~
・9/25 日曜日 午後6時30分~
・9/26 月曜日 午前10時~ 前週の再放送
※再放送は、通常番組とは別な番組の放送を行う場合があります。
番組案内は、都合により直前告知となりますので、ご了承ください。


担当:ナミ(インタビュー)、narumi、マキ

このページのトップヘ