KSCの公式ブログ

番組名「KSCのお時間ですよ~!」 鹿角きりたんぽFMサポータークラブが企画・制作する番組のブログです。

カテゴリ: 鹿角の昔っこ(民話)

今回の内容

 ○演目1 よいかんとあっぷっぷ  語り手 阿部義弘さん

 ○演目2 作沢沼(さくじゃぬま)   語り手 佐藤友信さん


今回は定期公演を終えたホッとしているという「鹿角民話の会」から
二名の方をゲストにお招きして、
二ヶ月ぶりに「生の語り」を聴かせていただきました。


トップバッターは、阿部義弘さんです

今春4月に民話の会に入会し、
それから約半年間、血の滲むような猛修行に耐えて、
先日の定期公演でデビューしたというバリバリの新人さんです。
(歳はいってますが、新人です)


お話しして下さった演目は「よいかんとあっぷっぷ」です。


あるお寺のお坊さん、
美味しい物を小僧さんにあげないで一人で食べたり飲んだり。
 
「僕たちも食べたいよね」と、小僧さん達は知恵を絞りました。

キラッと閃き

小僧さん達はお坊さんに改名をお願いしました。

一人は「よいかん」もう一人は「あっぷっぷ」


この改名によって、お坊さんは心を入れ替え

それからは小僧さん達にも分けてくれるようになったという昔っこです。

なしてそうなったのかは放送をお聴き下さいませ。
DSC_0069
 


二番手は、鹿角の民話では二回目の登場の佐藤友信さん。


第159回「鹿角いいとこ再発見」では「おはなし・くれよん」の会員として

鹿角の民話をおはなししていましたが、

160回は「鹿角民話の会」の会員さんとしてお話しして下さいました。


今回の演目は「作沢沼(さくじゃぬま)」です。


作沢沼は八幡平の夏井の奥の樫内という集落の山の上にある沼で

浮き草でできた 人が乗れる程の「浮島」がある事で有名ですよね。

この沼に伝わる伝説です。


作沢沼には神社があって、
馬や牛の守り神様である「蒼前神社」があります。

だから、ある事をしてこの沼を訪れると、怖い怖い怪物が出るそうです。

信心深い人が雨乞いをすると、日照りの時にも雨が降るそうです。


他にもいろいろ、この作沢沼にまつわる言い伝えを12分間

た、た、た、タップリお話ししてくれました。


作沢沼の浮島に乗ってみたい方は、怪物に遭わないためにも

絶対に聴いておく事をお勧めします。
DSC_0071
 


お知らせ

鹿角街道シンポジウム「鹿角の昔話を語る」会が「関善屋敷」であります。

10月28日と11月は3、8、13、18、28日 花輪の市日の日です。

入場は無料ですので是非聴きにいらして下さい。

担当は、メグミ と ミッチー でした。
 

今回の鹿角の民話は、「どっとはらえ」からのゲストさんは無く
久しぶりに2話とも定期公演の演目を録音したものでお送りします。

 …というのも、「どっとはらえ」の会員さんは、
関善さんで、9月28日から3ヶ月間に10回に及ぶ発表と
10月8日(土)には定期公演が迫っており
ネタの仕込みで大わらわの状態の様です。
今回はシンプルに「昔っこ」だけをお届けします。


 さて、本日の第1話目は「果無のはなし」
いつまで経っても終わらないというお話です。


あるところに昔っこの大好きな殿様がいて毎日家来から昔っこを聞いていました。
でも家来達もだんだんにネタが尽きてしまいました。
そこで殿様は「ワシがもう良いと言うまで昔っこを聞かせてくれた者には
褒美をのろっと出す」というおふれを出します。
 

城下からいろいろな人が昔っこを抱えて殿様の前で話しますが
なにしろ昔っこ大好きな殿様だから、「どっとはらえ」と話が終わると
「もっとやれ」「あとないのか…」と飽きる事を知りません。

そこに現れた男の子、「ちゃんとご褒美くれるよね」と
殿様に確認してから昔っこを語り出します。
そして遂に殿様「もう良い。あどやんねくてもいい」と言ってしまいます。
男の子、しっかりとご褒美をもらいました。


お殿様に「あどイイ!」と言わせしめたお話はどんなお話? 放送をお聞き下さいね。



 第2話はこれまでの放送の中で一番長いお話で「上方参り」というお話です。


ある男、小さい時から「上方参り」に行きたいという願望があり
一生懸命働いてお金を貯めて、遂に上方参りに行く事になりました。
ところが、東京に後もう少しという所で泊まった宿で
有り金を全部盗まれてしまいます。
さて困った。男はどうするのでしょう?


お尻の穴に大根を削って栓をしたり、
空から落ちて潜ってしまった土の中に役場や病院があったり
奈良の大仏さんの鼻の穴から下を見ると、長峰の知り合いがいたり
…そもそもなんで奈良の大仏さんの鼻の穴の中にいるわけ? 

そんな奇想天外なお話が12分間以上続きます。
そしてお話は意外な(当然な?)決着へと…。

飲食をしながら放送を聴くのは要注意です。きっと吹き出しますよ。


今回の昔っこ 「果無のはなし」は「北村正人さん」

       「上方参り」  は「海沼イネさん」の語りでお送りしました。


担当は、メグミとミッチー でした。
昔
 



鹿角民話の会「どっとはらえ」定期公演のお知らせ


     日時 10月8日(土) 開場13:00 開演13:30

     場所 十和田市民センター  入場無料

     演目 十和田地区にちなんだ昔っこなど、全7話


                   みなさん、来てたんせ!


今回、鹿角民話の会『どっとはらえ』からのゲストさんは、奈良 育(なら いく)さん、一人のみ。
奈良さんで、どっとはらえの語り部さん13名は、全員「KSCのお時間ですよ〜」で
昔っこを語った事になりました。 

「待てまて、ミッチー、君は 定期公演の録音だったじゃないか」
という事で、メグミさんとの約束を果たすべく、ミッチーも生語りしました。

まずは「語り終わらないと緊張で番組の進行が出来ない」というミッチーから。
演題は『ひさの星』
童話作家の斉藤隆介さん・作 挿絵は岩崎ちひろ さん
どちらも私の大好きな作家です。
このお二人が、鹿角を舞台に書いて(描いて)下さった「ひさの星」 ひさの星-1
いつか鹿角弁で語りたいと思っていました。
ミッチー鹿角弁翻訳 「ひさの星」聴いてたんせ。ひさの星-2
                               絵・岩崎書店「ひさの星」より
鹿角のおなごどは、優しく奥ゆかしいです。はい!♥ 

さて、次は本当の本日のゲスト奈良 育さん。
ピクチャ 3
初めてのラジオでの生語りにしては、ずいぶん落ち着いているな…と、思ったら
以前に「市民のつぶやき」に出演していて、今回、スタジオは2回目とのこと。
奈良さんが語ってくれるのは『じほこき男』
じほ=ウソ とんでもない嘘をつく男のお話。
聴き終わった後、胸くそ悪ぐなる〜! …ほど。

こっちを先にやって、ひさの星で締めれば「いい感じ」で番組終われたかも。失敗(^^ゞ

さてさて、じほこき男の結末は…聴いでたんせ。

ん!? じほ、ジホ…逆に読むと「ホジ」
お〜い、どこかの会社の社長ぉ。落としたホジ、こごさ逆さなって転がってらぞぉ!

あれっ。メグミさん、どこさ行ったべ?  

『収穫が最盛期で大忙し。up用の写真撮るの忘れちゃいました』メグミ  

…という事で
担当は、メグミとミッチー。ゲストは奈良 育さん。
流した曲は、奈良さんのリクエストで
「アース・ウィンド & ファイアー」の「ブギー・ワンダーランド」
あの頃のディスコ曲でした。

へば、まだなっす〜!



今回もまたまた、鹿角民話の会「どっとはらえ」から二人の語り部さんから
鹿角の昔っこをお聴きしました。

一番目は、今回初めての登場の多賀谷吉朗さん です。
自己紹介で、昔っこに対する思いを熱く伝えて下さった後
「下タ町の狐」を 語ってくれました。

新田町がら「おふるめっこ」のごっつぉを、錦木の親戚にさ届げに行った若者
下タ町で何やらおがしくってねごどさ会ってしまって…
はてさて、なんだらごどになるんだべ 
DSC_2167
初出演でも余裕の多賀谷さん。ミッチーとなづぎのあだりソックリだ(-。-;)



二番目は、今回が二度目の登場の、どっとはらえの重鎮海沼イネさんです。
演題は「猫じゃおどり」…えっー!! それって第105回で佐藤友信さんが語っているよぉ
そうなんですよ、確かに。でも、語り手が違うと話も違うのです。
まずは試しに聴いてたんせ。

イネさん、二度目でリラックスしているかと思いきや
自分で一番のお気に入りのフレーズを語り忘れてしまいました。
(思い入れが強かった分、抜けちゃったんだろうなぁ)
でもでも大丈夫。スケさんが上手くやってくれて、落ち込んでいたイネさんも笑顔。
みなさん、どこのフレーズが「後挿入」だか判りますか?
正解者には、次回民話の会の定期公演を無料ご招待しま〜す。
こちらへご回答を送って下さい。

猫じゃ踊りの内容は…
むがしむがし、魚屋さ女子わらしっこいであったんだども
寝るどき掛げでおいだ着物、朝まなればベッチョリ濡いでろんであったけど。
なして? それは番組を聴いてのお楽しみ。
イネさんの挿入フレーズ探しと一緒に「一粒で二つ美味しい昔っこ」になってま〜す
DSC_2168
 カメラに緊張気味の海沼イネさんと孫のメグミさんで〜す

そしてナント、番組の中でメグミさんの鹿角弁が聴けます(確か…)
鹿角に来て3年余り。遂にこの日がやってきました\(^O^)/
耳をこらしてお聴き下さい(もしかへば喋ってねがもしいね?
んにゃ、確かに喋ったいんたども。どっちやっ!!

…という事で、この四人でお送りしました。
DSC_2170

へばなっす〜 ヾ(^_^)

今回も鹿角民話の会「どっとはらえ」さんの語り部さんにお話をしてもらいました

image


まずは緊張している田中喜美子さんに「ニセ八掛け占い」をお話してもらいました
image


次に唱歌の鮫島有美子さんの「夏は来ぬ」を流しました

そして、ベテランの沢田欣之さんに「あび餅ど夫婦になった長八」をお話してもらいました
image


まだまだ、いっぱいある鹿角の民話
皆さんは、どれだけ聴いたことがあるでしょうか
この話をして欲しいなど、メッセージお待ちしています

再放送
木曜日 6月30日 13時30分~
日曜日 7月3日 18時30分~
月曜日 7月4日 10時00分~


担当:ミッチー、めぐみ

このページのトップヘ