KSCの公式ブログ

番組名「KSCのお時間ですよ~!」 鹿角きりたんぽFMサポータークラブが企画・制作する番組のブログです。

カテゴリ: うだっこのお時間ですよぉ~(民謡)

「KSCのお時間ですよ~」の民謡番組
うだっこのお時間ですよ~ 3回目
尺八奏者の黒澤文男アさんとチナツでお送りします。 

2ヶ月に1回「まさかに嫁いで」と交代です。
次回の放送は2017年3月。

今回は正月ということで縁起物いっぱいのおめでたい歌を紹介しました。

1曲目 喜代節
   歌詞に七福神、松竹、鶴亀、縁起物が勢揃いの唄。
   ゆっくりした曲なので優雅な雰囲気がします。

2曲目  謙良節
   大きな座敷があるお屋敷の唄。
   屏風に書かれた鷹が福と鳴き
   初夢でおなじみの「一富士、二鷹、三なすび」も登場します。

3曲目  おこさ節
   連れ合いを待つうちにお酒を飲んで待っていたという歌です。
   秋田県内のいわゆる「練習」ってやつですね。
   「おこさで、おこさで、ほんとだね~」という掛け声が心地いいです。

4曲目 南部俵積唄 
    沢山の倉を持つお金持ちの旦那様の家に俵を積みに来た唄。
   倉に米俵が全部入ると、「めでたいなぁ。めでたいなぁ。」と旦那様を讃えます。 

以上、4曲をお届けしました。

image1

「KSCのお時間ですよ~」の民謡番組
うだっこのお時間ですよ~ 2回目
尺八奏者の黒澤文男さんとチナツでお送りします。

2ヶ月に1回「まさかに嫁いで」と交代です。
次回の放送は2017年1月。

今回は10月16日に行われた
鹿角牛方節全国大会 
鹿角市芸術文化協会チャリティー芸能祭で歌われた

「鹿角牛方節」、「秋田長持唄」をご紹介。

そして、おめでたいハレの日の曲
「鹿角ヤエデァ節」

以上、3曲をお届けしました。


そして、文男さんによる尺八の解説
西洋音楽の「ドレミ」にあたる音階「ロツレ・・」を教えていただきました。
ふみおさん

文男さんの演奏姿はとっても凛々しいのです!

KSC初の民謡番組です。

鹿角の人は民謡のことを「うだっこ」と言います。
番組テーマを翻訳すると「民謡のお時間ですよぉ~」ですね。
民謡番組は「まさかに嫁いで」と1ヶ月交代で放送します。
次の放送は11月です。

この番組を企画したチナツは民謡については全くの素人なので
ベテランの民謡関係者のお力を拝借です。

尺八奏者の黒澤文男さんにご協力いただき
鹿角民謡を紹介していきます。

1曲目 鹿角検校節
家の新築や祝言・婚礼などで歌われたハレの日の歌
「このうちのご亭主は果報者ですよ~。長者になりますよ~。」という内容。
伝承者・歌唱者によって、歌詞が異なる場合があるようです。

2曲目 鹿角おやまこ
鹿角市内で特によく歌われ聞かれている民謡です。
民謡の発表会などで、みんなで歌ってみんなで踊る賑やかな歌です。

3曲目 宮城県民謡 秋の山唄
他県曲の紹介です。
こちらの曲は尺八と歌唱のみで歌われます。
毎年11月には宮城県涌谷市で全国大会が行われています。
文男さんに招待状が来たことがあるそうですが、
その時はスケジュールが合わなくて行けなかったそうです。

尺八の話
文男さんが演奏する楽器「尺八」についてお話いただきました。
尺八は一言で言うと「歌唱者の先となり後となり、共に歌う楽器」だそうです。
大きさは普通サイズは1尺8寸(約54cm)ですが、
歌唱者の音域に依って使う尺八のサイズも変わります。
女の子の歌声に合わせるときは1尺5寸(約45cm)だったり、
大人の男性に合わせるときは2尺3寸(約69cm)など
歌唱者合わせて自在に吹き分ける楽器なんですって!

今度は実際に文男さんに吹いてもらいながら
尺八のお話を聞いていきたいですね。

実は、今回担当のチナツは大きなミスを犯しました。
収録時の写真を撮り忘れたのです( ̄▽ ̄;)!!ガーン
しかも、忘れたことを思い出すまで2日かかってます。
次回11月分の収録では絶対に忘れません! 


担当:尺八奏者-黒澤文男さん、チナツ 

このページのトップヘ